「キンギョドロップ」小風呂敷

販売価格 1,620円(税込)
購入数

帯(無料)
のし・包装

和柄で使用される代表的なモチーフの1つである「金魚」が
カラフルで現代的なデザインとなって登場しました。


「洋」の場面でも「和」の場面でも活用させたい。
というアイデアから生まれた「キンギョドロップ」。


大胆に別れた赤地の部分と白地の部分は使い方で
いろいろな表情を見せてくれます。


「持ち手結び」でお弁当箱を包むと、持ち手に白色がアクセントになります。
その他にも、ファブリックボードとしてお部屋のに飾って頂くのもお薦めです。



→ キンギョドロップの使い方参考例はこちら


サイズ : 約50cm角
素材  : 綿100%
生産  : 日本
デザイン:micronaoco


風呂敷をファブリックボードにするには


ファブリックボードはお気に入りの風呂敷で作れば素敵な空間を演出でき、「キンギョドロップ」はおすすめです。


風呂敷をファブリックボードにするには空箱を使う方法が簡単です。空箱のふたを風呂敷で包み込み、箱の身の部分をかぶせて完成です。


発泡スチロールを使う方法もあります。

3cmほどの厚さの発泡スチロールを仕上げたいボードのサイズにカッターでカットし、端から1.5cm内側を1センチの深さ1cmになるように切り込みを入れていきます。

風呂敷の上に切り込みを入れた面を上にし、柄の配置も考えて置きます。


1辺ずつ包みクレジットカードなどで切り込みに5mm程押しこみます。

布を引っ張りながら押し込むのがポイントです。次に反対側を押し込みます。こうすると布がピンと張れます。

残りの2辺も同様にしますが、角の部分をきれいに折りたたんでくるむと美しく仕上がります。


どちらの方法も風呂敷に穴を開けずに作れるのでおすすめです。



ラッピング詳細はこちら


在庫限りのお得な風呂敷

 

お得なおまとめ買いコーナー

 

 

風呂敷をアレンジする

オーダーで作る

 

 

 

キーワードから探す

カタログお取り寄せ

 

 

風呂敷包み方ガイド

京都のれんについて

 

もっと身近で楽しいものに。

風呂敷でつくる

彩りある毎日をご提案致します。

 

京都風呂敷どっとこむ

 

京都のれんHP 京都のれんフェイスブック
Top